ポテンシャル志向

転職・キャリアメンターコーポレートTOP > キャリア戦略の立て方 > ポテンシャル志向

ポテンシャル志向

  • 意欲的で積極性があり、パワフル。
  • 市場評価より若干年収が少なくても将来の活躍できる人材として教育が可能である。
  • 度胸と決断力、チャレンジ思考があり、中高年でも一定の経験とスキルを保持しステージアップ人材として戦力が見込める。
  • 経験がない若しくは経験が少ない。
  • 中途採用教育や実務研修の設定が必要。
  • 若年者の場合、社会人教育と管理が必要。即戦力まで一定期間の投資が必要で退職防止策も検討しながら対応が必要。

採用パターン

採 用 の 目 的 採 用 後 の 状況
若い年代が少ないので将来のために年齢構成を若返りさせたい 年代のバランスが取れ始め逆三角形の構造が改善され、定年まじかの人は若い人たちに教育・指導ができることから知識と技術の継承が円滑に進むようになった。
将来の幹部候補として育てたい 二次新卒から30代前半・40代でも今よりステップアップやスキルアップを考えている人材の採用後は、意欲的で積極性があり社内の活性化になっている。
社員のレベル底上げと活性化 頭脳の柔軟性があるため資格が取得しやすいので将来一定スキルの社員層が増加してレベルの底上げが可能となる。

次のページへ

人材に関するご相談はこちらから
03-5809-1870

人材紹介サービス

求職者と1次面接レベルでの面談を実施、スキル・人物面の掌握

詳細はこちらから

人材採用業務代行サービス

採用業務プロセスのアウトソーシングでコストと業務量の軽減化

詳細はこちらから

人材育成・研修サービス

レベルや段階に合わせたキャリア研修と育成支援で組織力アップ

詳細はこちらから
良くあるご質問